for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドンでもナンキンムシ被害増加、駆除作業に探知犬も活躍

 [ロンドン 9日 ロイター] ナンキンムシの大量発生が米ニューヨークで問題となったが、英ロンドンでも同様の被害が増加している。 地元の害虫駆除サービス会社レントキルによると、駆除依頼は昨年、24%増加したという。

 害虫駆除業者のマーク・アストリー氏は、ロンドンで被害が拡大していることを受け、ITコンサルタントからの転身を決めた。ホテル経営者を対象にナンキンムシに関するセミナーも開催する同氏の会社では、急増する依頼に対応しようと、ナンキンムシを素早く見つけ出す探知犬を使っている。

 アストリー氏によると、ナンキンムシはベッドのフレームやヘッドボード、壁や天井の割れ目、照明のスイッチの裏などに潜んでおり、頭の上に落ちてくることもある。ナンキンムシは表面が滑らかな場所を好まないため、ホテルに宿泊するときは風呂場で寝たり、浴槽に荷物を保管すれば被害を防げるかもしれないと語る。

 それでも被害を完全に防ぐのは至難で、アストリー氏は「先日ロンドン中心部の大きなホテルで駆除作業をした際、ロビーを通過したら(探知犬の)ローラはチェックアウトする客の荷物にナンキンムシがいることを知らせてきた」と話している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up