for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

母乳アイス「ベビー・ガガ」、肝炎感染の懸念で当局が没収

 [ロンドン 1日 ロイター] 英ロンドンのレストランで先週から販売されている母乳アイスクリーム「ベビー・ガガ」について、当局はウイルス感染の懸念があるとして店頭から全量を没収した。今後、安全性のテストを行うとしている。

 ウェストミンスター区当局は、一部市民や英食品基準局(FSA)から連絡を受け、コベントガーデンにあるレストラン「Icecreamists」を視察し、母乳が含まれているアイスクリームをすべて撤去した。

 ウェストミンスター区議会のブライアン・コネル議員は「別の人の体液から作られた食べ物の販売は、ウイルス感染を引き起こす恐れがあり、今回のケースでは肝炎の可能性がある」と述べた。レストラン側は、テスト終了まで母乳アイスの製造販売を停止することで合意しているという。

 ただ、同レストランの創業者マット・オコナー氏は、そうした懸念は「まったくばかげている」と一蹴。提供された母乳は献血などと同様の厳しい検査を通過したものだとし、「もしアイスクリームが安全でないというなら、(母乳提供者の)母親は自分たちの赤ちゃんを深刻なリスクにさらしていることになる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up