for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ロス近郊でイワシが大量死、強風で流され酸欠に

 3月8日、米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のレドンドビーチで、死んだイワシ数百万匹が浮いているのが見つかった(2011年 ロイター/Lucy Nicholson)

 [レドンドビーチ(米カリフォルニア州) 8日 ロイター] 米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のレドンドビーチで8日、死んだイワシ数百万匹が浮いているのが見つかった。イワシは強風で桟橋部分に流された結果、酸欠で死んだとみられている。

 地元当局者はイワシの死因について、化学物質などによるものではなく、「イワシが誤った方向に泳いでいき、酸素が不足している桟橋の角の部分に迷い込んだためだ」と説明した。

 イワシの死がいから有害物質が発生するおそれもあるため、地元当局者らはバケツや網などを使い、イワシの除去作業に追われている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up