for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ケイトさん一家に紋章付与、ウィリアム英王子との結婚で

 4月19日、ウィリアム英王子との結婚式を控えるケイト・ミドルトンさんの一家は、結婚に際し一家に付与された「紋章」を公開。18日撮影(2011年 ロイター/Suzanne Plunkett)

 [ロンドン 19日 ロイター] 今月29日にウィリアム英王子との結婚式を控えるケイト・ミドルトンさんの一家は19日、結婚に際し一家に付与された「紋章」を公開した。日本の家紋に相当する。

 紋章のデザインにはケイトさん一家がかかわり、父親のマイケルさんが紋章院に提出。イングランドの上級紋章員であるトマス・ウッドコック氏がデザインを承認した。

 ひし形の紋章にはケイトさんと2人のきょうだいを表す3つのドングリがあしらわれている。どんぐりのなるカシの木は伝統的に英国や強さを象徴し、金色の山形の模様はケイトさんの母親の旧姓「Goldsmith」にちなんでいる。

 色は英国旗で用いられている赤と青を採用。リボンで吊るされている部分は、ケイトさんが独身の娘であることを表現している。

 マイケルさんの子ども3人にはこの紋章を使用する権利が与えられ、ケイトさんの弟のジェームズさんは自分の子孫に紋章を引き継ぐことができる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up