for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ水族館で新予言タコ探し、サッカー女子W杯の結果予想

 6月24日、サッカーの女子W杯ドイツ大会の開幕を前に、ドイツ国内の水族館でタコ8匹がドイツ─カナダ戦の結果予想に臨んだ。写真はドイツ勝利を選んだ「オフィラ」(2011年 ロイター/Fabrizio Bensch)

 [ベルリン 24日 ロイター] サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の開幕を直前に控えた24日、ドイツ国内の水族館で予言タコ「パウル」にちなんだコンテストが開催され、8匹が開幕戦の結果予想に臨んだ。

 昨年の男子W杯南アフリカ大会では、タコのパウルがドイツの全試合と決勝戦の計8試合の予想を的中させ、大きな話題に。パウルはその後自然死したが、同国ではこのたび、女子W杯の結果予想をもとに予言タコのチャンピオンを決めるというイベントが開催された。

 コンテストには各地の水族館から8匹が参加。その模様はテレビでライブ中継され、タコたちがドイツ国旗の付いた穴とカナダ国旗の付いた穴のどちらからえさを選ぶか、人々の注目を集めた。その結果、3匹がドイツ、2匹がカナダ、残る3匹が引き分けを選んだという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up