for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NZへ4000キロ漂着の「迷子」ペンギン、海に戻る

 9月4日、南極からニュージーランドに漂着し、保護されていたコウテイペンギンが無事に海に帰された。提供写真(2011年 ロイター)

 [キャンベル島近郊(ニュージーランド) 4日 ロイター] 南極からニュージーランドに漂着し、保護されていたコウテイペンギンが4日、無事に海に帰された。

 映画にちなんで「ハッピーフィート」と名付けられたこのペンギンは6月、南極から約4000キロも漂流してニュージーランドの浜辺にいるのを発見され、世界中の注目を集めていた。胃の中の砂を除去するための内視鏡手術などを受けた後、体力を回復するため保護されていた。

 ペンギンは4日、調査船「タンガロア」でニュージーランド南部のキャンベル島近郊に到着。氷を敷き詰めた箱の中から出ると、船に設けられたすべり台から海に戻された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up