for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米動物園でメスのトラがオス殺害、「三角関係」のもつれか

 9月9日、米テキサス州のエルパソ動物園で、飼育しているメスのマレートラが、「三角関係」のもつれとみられる理由でオスを襲って殺害したことが明らかに。写真はクアラルンプールの動物園で撮影されたマレートラ。2009年12月撮影(2011年 ロイター/Bazuki Muhammad)

 [エルパソ(米テキサス州) 9日 ロイター] 米テキサス州のエルパソ動物園で8日、飼育しているメスのマレートラ「セリ」(3)がオスの「ウズイ」(6)を襲って殺害した。動物園の広報担当者によると、三角関係のもつれが原因とみられるという。

 事件は8日午後4時ごろに発生。発覚直後、飼育係はトラの公開スペースを閉鎖し、獣医スタッフが駆け付けたが、ウズイはすでに死亡していたという。エルパソ動物園のスティーブ・マーシャル園長は、ウズイは非常に堅実かつ愛情深い性格で、その死は深く悼まれるだろうと述べた。

 世界自然保護基金(WWF)によると、マレートラの生息数はタイとマレーシアで約500頭に過ぎず、絶滅の危機に瀕している。セリとウズイは種の保存を目的にエルパソ動物園に貸与されていた。

 飼育係によると、事件のあった8日には特に攻撃につながるような変わった様子はなく、2頭は仲良く遊んでいたという。

 ただ、今年6月には、2001年にカリフォルニアの動物園から移送されてきたメスの「メリ」(15)とセリ、ウズイの間の「三角関係」が報告されていた。6月14日付の動物園の発表によると、「オスのウズイはメス2頭に対して好意を持っているが、メス同士は互いを嫌っている」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up