for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り目のオポッサム「ハイジ」、ドイツの動物園で死ぬ

 9月28日、ドイツ・ライプチヒ動物園は、今年のアカデミー賞予想を的中させ、一躍人気者になった寄り目のオポッサム「ハイジ」(写真)が死んだと発表した。同動物園で6月撮影(2011年 ロイター/Fabrizio Bensch)

 [ベルリン 28日 ロイター] ドイツ・ライプチヒ動物園は28日、今年のアカデミー賞予想を的中させ、一躍人気者になった寄り目のオポッサム「ハイジ」が死んだと発表した。3歳半だった。

 動物園によると、ハイジは数週間前から体調を崩し、動けなくなっていた。薬による治療を続けたが、この数日間は痛みがひどくなったため、安楽死させたという。

 ドイツでは、ベルリン動物園のシロクマ「クヌート」やサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の結果を的中させたタコの「パウル」が世界的な人気を集めたが、ハイジもそれに次ぐ人気者で、歌がつくられたほか、交流サイト「フェイスブック」のページは33万人以上のファンを集めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up