for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「ロンドンの斜塔」誕生か、ビッグベンの傾きが顕著に

 10月10日、「ビッグベン」の愛称で知られる英国議会の時計台が目に見えて傾いていることが、議会当局などによって委託された調査報告書で明らかとなった。3月撮影(2011年 ロイター/Stefan Wermuth)

 [ロンドン 10日 ロイター] ロンドン名物で「ビッグベン」の愛称で知られる英国議会の時計台が目に見えて傾いていることが、議会当局などによって委託された調査報告書で明らかとなった。

 報告書によると、1858年に建設された高さ96メートルのビッグベンは、北西の方向に傾いているという。インペリアル・カレッジ・ロンドンのジョン・バーランド名誉教授は英サンデー・テレグラフ紙に対し、「議会広場から川に向かって東を見ると、傾いているのが目に見えて分かる」と語った。

 2003年以降、傾斜の度合いは年間0.9ミリと、それまでの平均0.65ミリを上回っている。ただ、危険なレベルではないという。バーランド名誉教授は「傾きの度合いが増すようであれば対処しなくてはならないが、向こう数年はその心配はないだろう」との見方を示した。

 ビッグベンの傾斜は地盤状態の変化のほか、地下駐車場の建設や地下鉄の拡張など、長年にわたる地下開発が原因とみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up