for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダでシロクマ国獣化の動き、ビーバーの「人気凋落」で

 10月28日、カナダの上院議員が、国を代表する動物「国獣」を現在のビーバーからホッキョクグマに変更すべきと主張している。ハドソンベイで昨年11月撮影。提供写真(2011年 ロイター)

 [トロント 28日 ロイター] カナダの上院議員が、国を代表する動物「国獣」を現在のビーバーからホッキョクグマに変更すべきと主張している。

 与党保守党のニコール・イートン議員は28日の上院議会で、ビーバーは「歯に問題があるネズミ」であり、水辺にある同議員のコテージに毎年被害を与えていると主張。国獣は時代とともに変更できるとし、「ホッキョクグマはその力強さ、勇気、見識の高さ、そしてその品格が(カナダを代表するに)ふさわしい」との意見を述べた。

 ビーバーは1975年、生皮への高い需要から17─18世紀初めにかけて欧州勢力の北米進出を加速させたことにちなみ、国獣に指定された。

 イートン議員が言及することはなかったが、ビーバーという言葉に対しては近年、女性器を指す意味が加わったことも背景にあるとみられる。

 カナダで最も長い歴史を持つ雑誌の1つ、「ザ・ビーバー」は昨年、読者向けの電子メールやニュースレターがスパムメールとしてブロックされてしまうとして、雑誌名を「カナダズ・ヒストリー」に改名した。

 同誌が市場調査会社の調べとして明かしたところによると、若いカナダ人や女性は、ビーバーという言葉の持つ意味を理由に同誌の購入に積極的でないことが分かったという。

 一方、地球温暖化によるホッキョクグマの危機を訴えている環境保護団体グリーンピース・カナダのキース ・スチュワート氏は、イートン議員の提案に懐疑的だ。「与党の上院議員が国の象徴をビーバーからホッキョクグマに変えようとしているが、政府の環境政策は、今世紀末までにホッキョクグマを絶滅させようと手を尽くしているような内容だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up