for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペインの双子パンダが母親と1年ぶり対面、親子でリラックス

 11月11日、スペインのマドリード動物園で、昨年9月に誕生した双子のパンダが1年2カ月ぶりに母親に対面し、母子らが仲むつまじい姿を見せた。写真左が母パンダ(2011年 ロイター/Sergio Perez)

 [マドリード 11日 ロイター] スペインのマドリード動物園で11日、昨年9月に誕生した双子のパンダが1年2カ月ぶりに母親に対面し、母子らが仲むつまじい姿を見せた。

 ポーとデデという名前のこの双子は、スペインと中国の研究者らが合同で取り組んだ人工授精の結果、昨年9月7日に誕生。中国側の獣医によると、スペインでパンダの赤ちゃんが生まれたのは1982年以来初めてだという。

 ポーとデデは生後間もなく母親から離され、飼育員らに育てられてきたが、11日から親子3頭の共同生活がスタート。約1年ぶりの対面となったものの、双子らはすぐに母親とじゃれ合うなど、リラックスした様子を見せていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up