for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国都市部の交通警察官、平均寿命は43歳

 8月7日、中国の都市部に勤務する交通係の警察官の平均寿命が43歳と短命であることが明らかに。写真は北京の道路で勤務中の警察官(2007年 ロイター/Jason Lee)

 [北京 7日 ロイター] 中国の都市部に勤務する交通係の警察官の平均寿命が、劣悪な職場環境や公害などにより、43歳と短命であることが分かった。新華社が7日に報じた。

 新華社は、同国8都市で実施された調査の結果として、勤続20年以上の交通担当の警察官が最も高いリスクにさらされていると指摘している。

 空気汚染が一番の問題だが、ストレスや交通騒音、太陽の下で長時間立ったままでいることも寿命を縮める要因になっているという。

 また、チャイナ・デーリーが広州の病院関係者の話として報じたところによると、経済発展の著しい同地では、病院で検査を行った2746人の交通担当の警察官のうち90%以上が、汚れた空気が原因による鼻やのどの感染症を抱えていたことが分かった。

 広東省政府のウェブサイト(www.gd.gov.cn)によれば、人口約1000万人の広州では、自動車やそのほかの乗り物180万台が走っており、その数は年16%増加している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up