for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「ビッグマック」誕生40年、博物館創設し考案者の功績たたえる

 8月21日、米マクドナルド、「ビッグマック」誕生から40年を記念し博物館を創設。写真はエルサルバドルにあるマクドナルド店舗。2005年12月撮影(2007年 ロイター/Luis Galdamez)

 [ロサンゼルス 21日 ロイター] 米マクドナルド MCD.N で人気メニュー「ビッグマック」の生みの親であるジム・デリガッティさん(89)が今週、ペンシルベニア州にある店舗内に創設される「ビッグマック・ミュージアム」のオープニングでその功績をたたえられることが分かった。

 この博物館には初期のパッケージの見本やほかの関連品に加え、デリガッティさんの胸像も展示される。

 デリガッティさんは1967年、ハンバーガーにビーフパティ2枚を使用することについて本社から許可を取得。本社への熱心な売り込みの結果、その翌年には全店舗で販売されることになった。

 デリガッティさんはロイターのインタビューに対し、「大きなサンドイッチが必要だと感じていたが(本社から)許可をもらわなければ何もできなかった」と、ビッグマック誕生のいきさつについて語った。

 ビックマック誕生当時の値段は45セントでマクドナルドの店舗数は1000カ所。現在の価格は2.69ドル、店舗数は3万1000以上になった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up