for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界最長のゴルフコース、オーストラリアの砂漠に建設へ

 [キャンベラ 19日 ロイター] オーストラリアのベイリー観光相は19日、同国の砂漠地帯に世界最長のゴルフコースを建設するベンチャープロジェクトに連邦政府が33万1000豪ドル(約3300万円)を出資すると発表した。宣伝や標識などに使われる。

 同プロジェクトでは、オーストラリア南部の乾燥地帯、ナラーバー平原を横切るエーアハイウエー沿いに18ホールのゴルフコースを建設する。道沿いの町ごとに1ホールずつ設け、人里離れた羊牧場にも1ホールが設置される予定。

 西オーストラリア州の鉱山の町カルグーリーでティーオフしたゴルファーは、1200キロ以上もあ東にある南オーストラリア州の沿岸の町セドゥーナでラウンドを終えることになる。

 コース建設を推進しているアルフ・カプート氏は、AAPに対し「日本人は屋上でゴルフをするほど熱心だ。大勢で押し寄せてここでプレーするだろう」と語った。

 その上で、既に4ホールではプレーが可能で、来年半ばまでに総額80万豪ドルをかけた全18ホールを完成したいとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up