for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の郵便局長、3年間で顧客から260億円を着服

 [香港 13日 ロイター] 中国広東省の仏山で郵便局長を務めていた女(43)が、ギャンブルによる負債や個人的な投資のために、多くの預金者から合計2億4000万ドル(約264億円)以上を着服していたことが分かった。13日付の地元紙、星島日報が伝えた。

 同紙が警察の話として報じたところによると、この女は、着服した17億9000万元のうち、1980万元をギャンブルによる負債の返済に充てたほか、7300万元以上を投資につぎ込み、約2000万元で仏山付近の土地を購入した疑いがある。現在も5億元以上が見つからないままとなっている。

 また同紙によると、国営企業を含む顧客の一部は、女から最大40%の利息を約束され、郵便貯金口座を開設していた。

 日刊紙の大公報は、地元の検察当局が間もなく女を起訴する見通しだと伝えた。また同紙によると、今回の着服事件は、一部の預金者に問題を警告した同郵便局の従業員に対し、この女が暴行を加えて逮捕されたことで明るみに出た。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up