for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

男性器で絵を描くアーティスト、権威ある芸術賞に挑戦

 2月20日、自身の男性器を筆代わりにして絵を描くオーストラリアのアーティスト、ティム・パッチさん(左)が同国内で最も権威ある芸術賞の受賞を目指し、コンテストに作品を出品した。2007年9月撮影(2008年 ロイター/Antony Kaminju)

 [シドニー 20日 ロイター] 自身の男性器を筆代わりにして絵を描くオーストラリア人アーティストが、同国内で最も権威ある芸術賞の受賞を目指し、コンテストに作品を出品した。

 普段は世界中の性関連商品イベントで「特殊技能」を披露するティム・パッチさんだが、高所得者向け市場への参入を狙うため、優れた肖像画作品に与えられる「アーチボルド賞」への挑戦を決めたという。

 20日付の現地紙シドニー・モーニング・ヘラルドでパッチさんは「ときどき休憩を取るため、背景を描くには尻を使わないといけなかった」と語った。

 コンテストの主催者によると、2008年の「アーチボルド賞」には約700作品が出品される見通し。最終選考作品は3月に発表される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up