for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

人気者「クヌート」、ベルリン動物園の高収益に貢献

 2月20日、ベルリン動物園の人気者「クヌート」、2007年の収益に大きく貢献したことが判明。昨年11月撮影(2008年 ロイター/Hannibal Hanschke)

 [ベルリン 20日 ロイター] 独ベルリン動物園で人気のホッキョクグマ「クヌート」が、2007年の同動物園の収益に大きく貢献したことが分かった。同動物園が20日、明らかにした。

 それによると、昨年の動物園の収益は前年比410万ユーロ(約6億5000万円)増と、5年ぶりの伸びを記録した。来園者の増加とともに、ライセンス料や物品販売が75万ユーロ(約1億2000万円)ほど増えたことも要因のひとつで、それらの大半はクヌートに関するものだという。

 母親の育児放棄により人口飼育されたクヌートは人気者となり、その姿を見ようと昨年は来園者が50万人増えた。

 現在クヌート関連のライセンス契約は44件で、29社がクヌートのイメージをぬいぐるみやDVD、書籍、菓子などの商品に利用している。

 生後14カ月となり、体重132キロにまで成長したクヌートは、今や子グマの面影は無いが、なおも多くの来園者を魅了している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up