for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の小学校、飲料水で児童60人以上が体調崩す

 [北京 1日 ロイター] 中国・広西チワン族自治区の小学校で、食堂の飲料水を飲んだ児童60人以上が体調を崩した。頭痛や吐き気を訴えた34人が現在も入院中。新華社が1日伝えた。

 何者かが故意に毒物を混入させた可能性があり、現在捜査が続けられているものの、地元の教育担当職員らは同小学校の管理不行き届きを指摘している。

 同国では学校を舞台とする食物や薬品に関連した事件が断続的に発生。昨年は未認可の食品会社からリベートを受け取り、間接的に児童200人近くの健康を損なわせた校長が拘留された。また、別の事件では大学生がクラスメートの飲料水に毒を入れた疑いで逮捕されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up