for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾の地方当局、トイレットペーパーを流すよう住民に指導

 [台北 8日 ロイター] 台湾南部の台南市では当局が住民に対し、使用済みトイレットペーパーをごみ箱に捨てるのではなく、トイレに流すよう求める呼び掛けを始めた。1日340トンに上る「悪臭ゴミ」を削減することが狙いという。当局者が8日に明らかにした。

 環境保護当局の責任者、Chang Hwang-jen氏はロイターの取材に対し「トイレットペーパーを備え付けのゴミ箱に捨てる古い習慣は、ひどい悪臭につながり公衆衛生にも悪い」と指摘。「日本や欧米から台湾に来る人は、台湾のトイレでのこの習慣を非常に劣悪だと感じる」と述べた。

 現地では当局者らが7日に記者会見を行い、住民76万4000人に現在の下水環境を説明し、過去の習慣からの決別を呼び掛けた。

 台湾や中国では、下水が詰まることを心配してトイレットペーパーなどをゴミ箱に捨てる人が少なくない。

 地元メディアによると、ゴミ箱に捨てられた使用済みトイレットペーパーの処理には年間6億台湾ドル(約21億円)がかかっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up