for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

同性愛者と公表の北京五輪出場選手はわずか10人─調査

 8月18日、同性愛者向け情報サイトの調査によると、北京五輪出場選手の中で同性愛者であることを公表しているのはオーストラリアのミッチャム選手(写真)などわずか10人。2005年7月撮影(2008年 ロイター/Jason Reed)

 [北京 18日 ロイター] 同性愛者向け情報サイトoutsports.comの調査によると、北京五輪に出場している1万500人の選手の中で、同性愛者であることを公表しているのはわずか10人だという。

 Outsports.comは、同性愛者の選手の中にはファンやチームメートからの反発やスポンサーを失うことへの不安などから、公表を恐れるケースもあると指摘。不必要なメディアの注目が成績に影響することも、公表を控える理由だという。

 同サイトが同性愛者であると名指しした10人のうち9人は女性で、専門種目はフェンシングや自転車などさまざま。飛び込みのオーストラリア代表、マシュー・ミッチャム選手が唯一の男性。

 ミッチャム選手は「同性愛とエリートスポーツが一緒になると、みんな特別なことだと考える」と述べ、自分自身の性的嗜好は問題ではなく、ただ成功したオーストラリアの飛び込み選手として認識して欲しいとしている。

 同サイトは、同性愛者の選手は実際はもっとずっと多いはずで、1000人に達するのではないかと推測している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up