for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正:「平和的」なボノボ、サル狩りの一面も=独研究

 10月13日、平和的とされるボノボがサルを狩って食べることがドイツの研究者によって明らかに。写真は英国の動物園で飼育されているボノボ。7月撮影(2008年 ロイター/Darren Staples)

 [ロンドン 13日 ロイター] 類人猿の仲間で、その性行動で知られるボノボ(ピグミーチンパンジー)が、サルを狩って食べるという一面を持つことが13日、ドイツの研究者らによって明らかになった。

 ボノボはチンパンジー、オランウータンとともに、遺伝子的に人間と最も近い動物。チンパンジーよりも平和的と考えられ、性行為があいさつや和解の手段として用いられることから、自由な恋愛をするサルともみられている。

 これまでの研究では、ボノボはリスやネズミなどの小動物しか食べないと思われてきた。しかし、独ライプチヒのマックス・プランク進化人類学研究所が、あるボノボの集団を5年にわたって観察したところ、サルを求めて狩りに出掛ける例が10回ほど認められた。

 狩りは毎回、森の中をはうように忍び寄り、サルの集団の下に回って木によじ登って急襲するという方法で、狩りが成功すると、互いに肉を分け合うこともあったという。

 *英語原文の訂正に伴い、「ボノボがチンパンジーを狩る」という内容を「ボノボがサルを狩る」という内容に変えて記事を訂正します。また、第3段落の「約10例のチンパンジー狩りが認められた」を「サルを求めて狩りに出掛ける例が10回ほど認められた」に、第4段落の「チンパンジーが木に逃げ上る前に急襲するという方法で」を「サルの集団の下に回って木によじ登って急襲するという方法で」に訂正します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up