for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の一人っ子政策世代、性交渉に葛藤も=調査

 [北京 15日 ロイター] 中国で「一人っ子政策」導入後に生まれた30代前半までの世代を対象にした性意識調査が初めて行われ、かつてより性交渉には開放的だが葛藤も感じ、一夜限りの関係には否定的という姿が明らかになった。15日付の中国青年報が報じた。

 この調査は、中国社会科学院が1976年から86年までに生まれた人たちを対象に行ったもの。それによると、初体験時の平均年齢は22.8歳で、20歳以下と答えた人は20%近くを占めた。

 一方、初体験の相手を恋人や結婚相手と答えた回答者は96%に上り、行きずりの関係については、ほとんどの回答者が容認しないと回答。同性愛についても、4分の3が関心がないと答えた。

 また、婚前交渉や同棲は、特に問題ではないとする回答が多く、子どもの数は理想的には2人という回答が61%に上った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up