for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボジョレ・ヌーボーもエコ化、ペットボトル入り登場

 10月28日、米国向けボジョレ・ヌーボーにはリサイクルしやすいペットボトル入りが登場する予定。写真は2003年11月にパリのレストランで撮影したボジョレ・ヌーボー(2008年 ロイター/Philippe Wojazer)

 [ニューヨーク 28日 ロイター] 毎年11月の第3木曜日に解禁されるフランス産の新酒ワイン、ボジョレ・ヌーボーだが、米国向けにはリサイクルしやすいペットボトル入りが登場するなど、エコロジーに配慮した輸送・販売が行われそうだ。

 生産量トップのジョルジュ・デュブッフは、より少ない燃料で運べることから、例年は出荷量の3分の1程度という船での輸送を増加。米国向けの200万本のうち75%分を運ぶため、フランス政府から早期出荷の許可を取り付けた。

 一方、生産量2位のメーカー、ボワセは米国向けの商品をすべてペットボトルで出荷。ペットボトルはリサイクルしやすいことに加え、重さがガラス製ボトルの半分ほどであるため、低コストの輸送が実現できるという利点もある。

 ワイン好きの人はペットボトルでは趣きがないと思うかもしれないが、ボワセ米国法人の広報担当者は、ペットボトルがワインの味を損ねることはないとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up