for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

進化した洗剤に殺人の痕跡も消す性能=研究

 [マドリッド 5日 ロイター] 次世代の洗浄剤は、鑑識のテストで血のしみが判明しないような性能を持ち、殺人犯が罪を逃れるのを手助けする可能性もあるとスペインの研究者らが5日指摘した。

 バレンシア大学の研究チームは、塩素を使用せず酸素を発生させる新しい粉洗剤やそのほかの化学物質が、証拠となるヘモグロビンの痕跡を消すことを確認した。ヘモグロビンは血液に含まれる体内に酸素を運ぶ役割を担うたんぱく質。

 警察はしばしば、血のしみが飛び散った衣類によって、殺人犯と犯罪を結び付ける。今のところは、10回洗濯した後でも、鑑識の専門家は化学物質の混合物を使ってしみを見つけ、血痕を特定することができる。

 だが、ドイツの専門誌「Naturwissenschaften」で発表され、科学誌「New Scientist」で報告された研究によると、Reckitt Benckiser RB.Lの新しい洗剤「Vanish」のような、血液を分解する酸素の泡を作り出す過酸化水素付加化合物を含む製品は、肉眼では見える血痕が残っていても、その血液の成分を破壊する。

 バレンシア大の犯罪科学者フェルナンド・ベルドゥ氏は、3人のメンバーで構成する研究チームで、酸素を作り出す新たな化学製品が殺人捜査で決定的な証拠となるDNAを破壊するかどうかを調査すると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up