for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

年末年始、世界各地で「うるう秒」挿入へ

 12月28日、世界各地で年末年始に1秒のうるう秒を挿入されることが話題に。写真はNSA提供(2008年 ロイター)

 [ワシントン 28日 ロイター] 米海軍天文台では、ことしの大みそか(日本時間は2009年元旦)に1秒のうるう秒を挿入する。これは、時計と地球の自転との間に生じたずれを解消するのが目的。

 米国防総省の親時計を管轄する海軍天文台は、国際原子時計が協定世界時(UTC)31日23時59分59秒に1秒のうるう秒を挿入するのに合わせ、うるう秒を挿入するとしている。

 これは、米東部時間同日午後6時59分59秒(日本時間は2009年1月1日午前8時59分59秒)に当たる。

 うるう秒が挿入されるのは、同制度が始まった1972年以来24回目となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up