for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国でリンパ腫の犬に骨髄移植、一命とりとめる

 3月2日、米国でリンパ腫を患っていた犬が骨髄移植の手術を受けたことが明らかに。写真は手術を受けたゴールデンリトリバーのコーディー。先月撮影。ノースカロライナ州立大学写真(2009年 ロイター)

 [ローリー(米ノースカロライナ州) 2日 ロイター] 米国でリンパ腫を患っていた犬が骨髄移植の手術を受け、一命をとりとめたことが分かった。

 ノースカロライナ州立大学獣医薬学の腫瘍学専門スティーブン・サッター准教授は、リンパ腫で余命が長くなかったゴールデンリトリバーのコーディー(8)に骨髄移植手術を行った。

 同准教授によると、リンパ腫は犬のがんとしては最も多いものの1つで、化学療法では数年の延命効果が見込めるが、再発の可能性が非常に高いという。

 犬への骨髄移植は1匹当たり1万5000ドル(約146万円)。コーディーは今月初めにも退院し、シカゴの家に戻る見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up