for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英国人の約7割、「失業中の移民は帰国すべき」=調査

 3月16日、英国の成人の約7割が「失業中の移民は帰国すべき」と考えていることが調査で明らかに。写真はロンドンにある職業センター。先月撮影(2009年 ロイター/Luke MacGregor)

 [ロンドン 16日 ロイター] 英国の成人の75%以上が、移民が職を失った場合は帰国するべきだと考えていることが、英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙とハリス・インタラクティブの世論調査で明らかになった。 また、54%が欧州連合(EU)諸国からの移民が英国で就労することに反対していることも分かった。

 英国の失業率は過去約10年で最も高くなっており、労働需給のひっ迫を背景に、外国人労働者の雇用があらためて問題となっている。

 フィル・ウーラス移民担当相はFT紙の取材に対し、調査の結果は予想の範囲内とした上で、国民が安定した生活を送れるように努力していると述べた。

 16日に発表されたこの調査は、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペインの5カ国で行われたもので、計6538人の成人から回答を得た。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up