for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドのケララ州が「禁酒州」に、現在の消費量は国内最多

[バンガロール 22日 ロイター] - インドで1人当たりのアルコール消費量が最も多いケララ州が、今後10年で、州内でのアルコール類販売・消費を禁じる「禁酒州」となる見通しだ。

オッメン・チャンディ州首相は現地メディアに対し、州政府が「全面禁止」に踏み切る方針であることを明らかにした。来年4月からは5つ星ホテルのみにバーライセンスを付与するという。

数カ月以内にバーの多くが閉鎖されるが、国営のアルコール販売店は今後10年で段階的に閉鎖する方針だ。

ケララ州では年間1人当たり約8.3リットルのアルコールが消費されており、国内平均の2倍以上。観光当局者は禁酒令が観光に及ぼす影響を懸念している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up