for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

同性愛者が最も住みやすい国はオランダ、最下位はアフリカ

 8月27日、ギャラップ社の調査から同性愛者に最も好意的な地域は欧州、最も敵対的な地域はアフリカとの結果が出た。写真は同性愛者のパレードの様子。ベルリンで2012年6月撮影(2014年 ロイター/Thomas Peter)

[ワシントン 27日 ロイター] - ギャラップ社が世界規模で行った調査から、同性愛者に最も好意的な地域は欧州、最も敵対的な地域はアフリカとの結果が出た。

調査では、同性愛者にとって自国は「住みやすい」との回答率がオランダで83%、アイスランドで82%、スペインで79%、英国で77%、アイルランドで75%など、欧州が最も高かった。カナダは80%、米国が70%だった。

一方、同性愛が依然タブーとみなされているアフリカでは、セネガル、ウガンダ、マリ、エジプトの回答者中、自国が同性愛者に好意的だと思うと回答したのは全体のわずか1─2%にとどまった。ただ、アフリカ大陸で唯一同性婚が認められている南アフリカだけは例外で、回答者の半数近くが自国は同性愛者に好意的だと回答した。

調査は2009─13年、123カ国で10万人以上を対象に面接形式で行われた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up