for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

千葉で笑顔届ける「チバットマン」、コスチュームは本物そっくり

 8月31日、千葉県で、真っ黒なコスチュームに身を包み、真っ黒な三輪バイクで疾走するニューヒーローが話題となっている。米コミックのヒーロー「バットマン」にふんした姿から「チバットマン」と呼ばれている彼(右)の正体は、謎の41歳溶接工。(2014年 ロイター/YUYA SHINO)

[千葉 31日 ロイター] - 千葉県で、真っ黒なコスチュームに身を包み、真っ黒な三輪バイクで疾走するニューヒーローが話題となっている。米コミックのヒーロー「バットマン」にふんした姿から「チバットマン」と呼ばれている彼の正体は、謎の41歳溶接工。本家本元が悪と戦うのに対し、千葉のヒーローは「人々に笑顔を届けるのが目的」だという。

ひときわ目を引くのは、本物そっくりのコスチュームや乗り物だ。チバットマンの乗るバイク「チバットポッド」が改造に要した費用は60万円。時間にして4カ月かかった。

しかし、本人は「お金は問題ではない」と語る。「東日本大震災のころ、人々は笑うことを忘れていた。みんなに笑顔を取り戻して欲しくて、チバットマンを始めた」という。

この姿でバイクに乗るようになってから3年。時には、映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場する帝国軍の白い機動歩兵「ストーム・トルーパー」のコスチュームでトラックに乗り、人々の笑いを誘うこともある。

「全く照れずに、バットマンの格好をしてバイクで走っているのがすごい」。「チバットマン」にあこがれているという11歳の少年はこう話す。大人からも称賛が集まっており、ある35歳の男性は「この辺りではみんな、とてもかっこいいと話している。ユニークだね」と感心しながら写真を撮っていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up