for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北極圏で足跡からシロクマのDNA、希少動物保護に役立つ可能性

 2日、北極圏で雪の上についた足跡から初めて、シロクマのDNAが採取されたことが明らかになった。2009年12月、カナダで撮影(2014年 ロイター/Iain Williams)

[オスロ 2日 ロイター] - 北極圏で雪の上についた足跡から初めて、シロクマのDNAが採取されたことが明らかになった。希少動物や絶滅危惧種の動物保護に役立つ可能性がある。

科学者らは多くの場合、ユキヒョウやオランウータンなど希少動物の行動を理解し、個体数を監視して保護策を提案するため、これらの動物を追跡。毛や排泄物からDNAを採取している。

雪や泥についた足跡からDNAを採取することができれば、動物の個体数や行動に関する研究コストが減らせるほか、生息環境を壊すこともない。

フランスのDNA専門企業SPYGENのEva Bellemain氏によると、科学者らは、ノルウェー領のスバールバルで足跡の周りの雪を回収し、溶かした後フィルターを使って液体中の動物の細胞からDNA内の遺伝物質を確認した。

同氏はロイターに対し、「雪の中の足跡からシロクマのDNAが採取されたのはこれが初めて」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up