for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「アバター」キャラに似た翼竜の化石、中国で発見

 9月11日、中国遼寧省で新種の翼竜の化石が発見され、2009年の映画「アバター」に登場する「イクラン」に姿が似ていることから「イクランドラコ・アバタル」と名付けられた。同翼竜のイメージ図。Chuang Zhao提供(2014年 ロイター)

[ワシントン 11日 ロイター] - 中国遼寧省で、1億2000万年前の白亜紀に生息していた新種の翼竜の化石が発見され、2009年の映画「アバター」に登場する「イクラン」に姿が似ていることから「イクランドラコ・アバタル」と名付けられた。

翼長は約2.5メートル。ペリカンに似た喉袋を持ち、湖沼で水面近くを飛んで下顎で小魚などを採集し、喉袋に貯めていた可能性があるという。生活圏は温暖な場所だったとされている。

翼竜は2億2000万─6500万年前に生息。小惑星の衝突で滅亡した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up