for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

感電気絶のサルを仲間が救命、インド鉄道駅の「英雄」に拍手喝采

 12月20日、インド北部カンプールの鉄道駅で、サルが感電して意識を失ったが、仲間のサルが「懸命の救助活動」を行い、一命を取り留めたことが話題となっている。写真は動画から(2014年 ロイター/ANI)

[カンプール(インド) 20日 ロイター] - インド北部カンプールの鉄道駅で20日、サルが感電して意識を失ったが、仲間のサルが「懸命の救助活動」を行い、一命を取り留めたことが話題となっている。

感電したサルが意識を失い線路に倒れ込んだところ、仲間のサルが倒れたサルにかみついたり、たたいたり、水を浴びせたりして目を覚まさせようとした。仲間のサルによる必死の救助の結果、倒れていたサルは15─20分後に意識を取り戻し体を動かし始めた。

集まった大勢の人たちは「救助活動」の様子を写真や動画に収め、倒れたサルが意識を取り戻すと、サルの英雄的行為に歓声を上げ拍手を送った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up