for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイ新憲法草案に「第3の性」明記へ、起草委員会が方針

[バンコク 15日 ロイター] - タイの新憲法草案に「第3の性」という言葉が初めて明記される見通しとなった。起草委員会のメンバーが明らかにした。

新憲法は、昨年5月のクーデターで旧憲法が停止されたのを受け、今週から検討が始まった。

タイは保守的な国として知られるが、同性愛者らによる大規模なコミュニティーが存在し、娯楽産業ではホモセクシュアル、トランスジェンダー、トランスセクシュアルの人々が大きな存在となっている。

ただ、同国の現行法は同性婚を認めておらず、同性のカップルが共同で銀行融資を利用したり、保険に加入したりできない。新憲法ではこうした社会を支援し、より公平な待遇の実現を目指すという。

委員会のスポークスマンはロイターに「タイ社会が進化したことから、『第3の性』という言葉を明記する」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up