for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米コンビニ強盗が店員を知り合いと勘違い、何も盗らず逃走

 1月15日、米コロラド州でコンビニに押し入ろうとした強盗が、店員を知り合いと誤解して何も盗らずに立ち去るという「事件」が起きた。写真はジェファーソン郡保安官事務所提供のビデオ映像から(2015年 ロイター)

[デンバー 15日 ロイター] - 米コロラド州で、コンビニに押し入ろうとした強盗が、店員を知り合いと誤解して何も盗らずに立ち去るという「事件」が起きた。

ジェファーソン郡保安官事務所によると14日の昼間、デンバー郊外アーバダのコンビニに、青いフード付きの上着に覆面をした人物が入店。店員をひと目見るなり、「なんてことだ。ここで強盗しようと思ったんだが、知り合いのお前がいるなんて」と言い、そのまま何も盗らずに店を出て行ったという。

出ていく前に店員に、自分を知っているかどうか尋ね、「知らない」と答えると親指を立てて「それでよし」と合図したという。この様子は店の防犯カメラにも捉えられていた。

この人物は、店からクルマで去った後、2.4キロ離れた同じ道路沿いにあるセブンイレブンに強盗に入った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up