for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピンで深海魚「メガマウスザメ」の死骸、体長4.5メートル

 1月28日、フィリピン中部のブリアス海峡で体長4.5メートルの巨大深海魚「メガマウスザメ」の死骸が漁網にかかった(2015年 ロイター/Rhaydz Barcia)

[28日 ロイター] - フィリピン中部のブリアス海峡で28日、体長4.5メートルの巨大深海魚「メガマウスザメ」の死骸が漁網にかかった。

この希少なサメは体長が最大で5.2メートルになる種類で、100年近くも生きる。普段は深海に生息しているが、夜になるとプランクトンをその大きな口で飲み込むため、水面に上がってくるという。

同国アルバイ州の水産物管理当局は、このサメの死因を調べるとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up