for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エジプトで「世界最古の乳がん」、4200年前の女性の骨に痕跡

[カイロ 24日 ロイター] - スペインの大学がエジプトで実施した調査で、約4200年前の成人女性の骨から、乳がんを患っていた痕跡が見つかった。エジプト当局は「世界最古の乳がん」としている。

エジプトのエルダマティ考古相の声明によると、骨は第6王朝時代のもの。乳がんの転移に伴う典型的な症状を遺骨から確認できたという。

昨年には、スーダンにある墓から発見された3000年前の骨から転移がんの痕跡が確認されたことが明らかになっていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up