for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米水族館で魚が大量死、寄生虫の駆除剤投入後に

[15日 ロイター] - 米テキサス州の水族館で、水槽内の寄生虫を駆除する薬剤を投入したところ、約100匹の魚が死ぬ出来事があった。水族館関係者などが明らかにした。

薬剤が投入された4つの水槽には、ミドリウツボ、ウシバナトビエイ、カマス科大型魚のバラクーダ、コモリザメなどが飼育されていたという。

薬剤投入後、多数の魚が体調を崩し、従業員が徹夜で救出作業に当たったという。しかし、水族館は声明で「重大な損失を止められなかった」と説明した。

他の水族館では同じ薬剤による被害はなく、水族館は水のサンプルを分析機関に送付したという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up