for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米シアトル市、コロンブスデーの祝日を「先住民の日」に変更

[シアトル 6日 ロイター] - シアトル市議会が満場一致で、10月第2月曜日の祝日を「コロンブスデー」から「アメリカ先住民の日(Indigenous Peoples’ Day)に変更する議案を可決した。

15世紀にクリストファー・コロンブスが「新大陸」に到着する以前から、先住民はアメリカ大陸に存在していたというのが理由だ。

市長が速やかに署名する見込みで、シアトルは今年4月のミネアポリスに続き、「コロンブスデー」の祝日と同じ10月第2月曜日に、「アメリカ先住民の日」を記念する市となる。今年の10月13日から変更になる。

コロンブスデーは1937年に米国の祝日とされたが、アラスカ、ハワイ、オレゴンなど幾つかの州ではコロンブスデーを祝日としていない。カリフォルニア州バークリーでは、1992年に祝日とするのを止めている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up