for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米オクラホマ州の学校で「キス病」発生、全学級閉鎖に

[オクラホマシティー 20日 ロイター] - 米オクラホマ州の学校で「キス病」と呼ばれる伝染性の病気が発生し、12月まで全学級閉鎖となることが分かった。関係者が20日明らかにした。

伝染性単核球症は唾液の中のウイルスに感染して起きる病気で、キスによる感染が多いことから「キス病」とも呼ばれる。回し飲みのほか、咳やくしゃみからもうつる場合があり、倦怠感や喉の痛み、発熱などの症状が現れる。

オクラホマシティーの北およそ100マイル(約161キロメートル)、フェアファクスにあるウッドランド・パブリックスクールは、200人の生徒を感染のリスクから守るため閉鎖を決めたと説明。教育委員会は「感染性の強い病気であることを考慮した」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up