for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

DNA構造発見者のノーベル賞メダル、予想上回る5.7億円で落札

 12月5日、ジェームズ・ワトソン博士(写真)が受け取ったノーベル賞の金メダルが4日に競売に掛けられ、手数料込みで475万7000ドル(約5億7000万円)で落札された。写真は2007年5月、ヒューストンで撮影(2014年 ロイター/Richard Carson)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - DNAの二重らせん構造を発見した米分子生物学者ジェームズ・ワトソン博士(86)が受け取ったノーベル賞の金メダルが4日、米ニューヨークで競売に掛けられ、手数料込みで475万7000ドル(約5億7000万円)で落札された。

ノーベル賞メダルの落札額として過去最高を記録した。

競売会社クリスティーズは、落札額は250万─350万ドルになると予想していた。落札者は明らかにされていない。

ワトソン博士は1953年、英学者フランシス・クリック氏、モーリス・ウィルキンス氏とともにDNAの二重らせん構造を解明。3人は1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

生存者のメダルが競売に掛けられるのは初めて。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up