for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホワイトハウス、40年ぶりに見学中の写真撮影解禁 SNS投稿も

 7月1日、米ホワイトハウスは見学ツアー中の建物内の写真撮影を40年ぶりに解禁した。スマホなどで写真を撮るホワイトハウスの見学者ら(2015年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米ホワイトハウスは1日、見学ツアー中の建物内の写真撮影を40年ぶりに解禁した。ミシェル・オバマ大統領夫人はインスタグラムのビデオで「撮影とソーシャルメディアへの投稿禁止」と書かれたポスターを笑いながら破り、撮影解禁を発表した。

解禁初日の1日、見学者はスマートフォンやデジカメを取り出し、建物内を撮影。その場でソーシャルメディアに投稿する人もいた。

ただ、自撮り棒(セルフィースティック)などの撮影補助機材やビデオカメラ、レンズの取り外しが可能なカメラ、タブレット端末などの使用は引き続き禁止されている。

ホワイトハウスによると、写真撮影が禁止されたのは40年以上前で、当時のフラッシュ撮影で建物内の芸術品が痛む可能性があったためという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up