for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギリシャの新聞、印刷用紙調達できず紙面削減

 7月10日、ギリシャの銀行休業が続き経済が行き詰まるなか、一部の新聞社では印刷用紙が足りなくなり紙面の削減を余儀なくされている。写真はキオスクに貼られた各種新聞の一面を読むアテネ市民(2015年 ロイター/Jean-Paul Pelissier )

[アテネ 9日 ロイター] - ギリシャの銀行休業が続き経済が行き詰まるなか、一部の新聞社では印刷用紙が足りなくなり紙面の削減を余儀なくされている。

レスボス島最大の部数を誇る日刊紙「エンプロス」は、すでに紙面を20ページから16ページに減らした。同紙はロイターに対し「納入業者から紙が届かない。税関に止まっている。銀行の送金業務停止で外国の取引先に代金を払えず、営業を続けるための現金も底をついたようだ」と、電話で話した。

ギリシャの有力紙である「タネア」紙は、7月1日の社説で「紙面を削減しているが、印刷用紙の蓄えは数日中に底をつくだろう。銀行は休業中で新しい用紙が通関できる見込みはない」と訴えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up