for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪州の爬虫類園でワニの「エルビス」が突進、職員は無事

 12月28日、オーストラリアのシドニー近郊にある爬虫類を集めたテーマパークで、職員らの作業中にワニが暴れ出す騒ぎがあった。同テーマパーク提供(2011年 ロイター)

[シドニー 28日 ロイター] オーストラリアのシドニー近郊にある爬虫類を集めたテーマパークで28日、職員らの作業中にワニが暴れ出す騒ぎがあった。職員らは無事に逃げ出すことができたという。

シドニー近郊のゴスフォードにある「オーストラリアン・レプタイル・パーク」で暴れたのは、「エルビス」という名前のワニ。体長5メートル、体重500キロで、年齢は40─60歳と推定されている。以前飼育されていたワニ園でも他のワニ2匹を食べるなど、凶暴な性格で知られている。

同パークのティム・フォークナー氏は、エルビスが襲いかかってくることはこれまでにもあったと指摘。職員がエルビスの近くで作業を行う場合は、そばに草刈り機を置くことになっており、今回も職員の代わりに草刈り機が「犠牲」になった。草刈り機の刃には穴が開き、修復不可能だという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up