for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド国内の牛乳約7割に混入物、洗剤や肥料も

 1月10日、インドの食品安全当局は、同国内で流通している牛乳の多くは、水で薄められているか、不純物が混ざっているとの調査報告書を発表した。写真は牛乳を積んだトラック。写真はニューデリーで2005年撮影(2012年 ロイター/IKamal Kishore)

[ニューデリー 10日 ロイター] インドの食品安全当局は、同国内で流通している牛乳の多くは、水で薄められているか、不純物が混ざっているとの調査報告書を発表した。不純物には化学肥料や漂白剤、洗剤なども含まれるという。

食品安全当局が今月行った調査では、各地で集められた牛乳のサンプル1791件のうち、約7割で水の添加や不純物による汚染が見つかった。脱脂粉乳やブドウ糖のほか、過酸化水素や尿素が含まれているものもあったという。

報告書では「洗剤が混ざった牛乳の消費は健康被害をもたらす恐れがあり、牛乳の処理時に衛生上の問題があることを示す」とし、「水の添加は牛乳の栄養価を下げるだけでなく、汚染水は健康リスクをもたらす可能性もある」としている。

保健省の当局者は、同報告書に関するコメントを差し控えている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up