for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

親を困らせる質問1位、「昼でも月が見えるのはなぜ」=英調査

[ロンドン 19日 ロイター] 「サメと恐竜、強いのはどちらか」「なぜ空は青いのか」「地球の重さはどのくらいか」──。簡単なものから難問・奇問まで、子どもは日々大人を容赦ない質問で窮地に追い込んでいる。

1月19日、英国の調査によると、親を困らせる子どもの質問トップは「なぜ昼間でも月が見える時があるのか」だった。米アイダホ州で先月撮影(2012年 ロイター/Matt McKnight)

英研究者はこのほど、親を困らせる子どもの質問について調査を実施。英国で5─16歳までの子どもを持つ2000人の親を対象にインタビューを行ったところ、第1位に選ばれたのは「なぜ昼間でも月が見える時があるのか」だった。

調査によると、約4分の1が科学や数学に関する質問に悩まされていることが分かった。また、3分の1は自分で質問の答えを考えると回答した一方で、多くの親はウソを教えたりごまかしたりすると答えた。

親を困らせる子どもの質問トップ10は以下の通り。

1.なぜ昼間でも月が見える時があるのか。

2.なぜ空は青いのか。

3.宇宙人を見つけられるか。

4.地球の重さはどのくらいか。

5.飛行機が空を飛ぶ仕組みは。

6.なぜ水はぬれているのか。

7.割り算のひっ算のやり方は。

8.鳥やハチは冬にどこへ行くのか。

9.虹の原理は。

10.なぜ地球には時差があるのか。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up