for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国で「最も惨めな」都市はマイアミ=フォーブス

2月3日、米経済誌フォーブス電子版が発表した最新の「惨めな米都市ランキング」で、フロリダ州のマイアミがワースト1位になった。写真は2008年9月、マイアミのビーチで撮影(2012年 ロイター/Carlos Barria)

[ニューヨーク 3日 ロイター] 米経済誌フォーブス電子版が発表した最新の「惨めな米都市ランキング」で、フロリダ州のマイアミがワースト1位になった。

同ランキングは、失業率や凶悪犯罪の状況、所得税や不動産税の税率、気候や通勤時間などを基に、全米各都市の「惨めさ」を番付けした。富裕層や有名人の行楽地として有名なマイアミは、深刻な住宅危機や国内有数の高い犯罪率、長い通勤時間によってワースト1位に選ばれたという。

同誌シニアエディターのカート・バーデンハウゼン氏は「マイアミは太陽が輝き美しいが、ほかの要素が人々を惨めにさせている。派手なサウスビーチはセレブリティーを引き寄せるが、所得格差が過去数年で急拡大している2階層社会だ」と述べた。

ワースト2位と3位には、米自動車産業の中心地であるミシガン州のデトロイトとフリントが入った。バーデンハウゼン氏によると、デトロイトは「犯罪率が国内で最も高く、住宅価格は55%下落。学校は閉鎖し、警察官が解雇されている」という。

4位はフロリダ州ウェストパームビーチ、5位はカリフォルニア州サクラメントとなっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up