for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェイスブック原因で恨みか、米テネシー州で夫婦殺害

2月9日、米テネシー州で、フェイスブックの友だちリストからある女性を削除した夫婦が殺害されていたことが明らかに。写真はフェイスブックのログイン画面。2日撮影(2012年 ロイター/Michael Dalder)

[ナッシュビル(米テネシー州) 9日 ロイター] 米テネシー州で先月、フェイスブックの友だちリストからある女性を削除した夫婦が、自宅で殺害されるという事件が起きた。警察当局が9日明らかにした。

地元警察によると、夫婦の遺体は自宅で発見されたが、2人とも頭を撃たれ、夫の方は喉をかき切られていた。妻の腕の中にいた生後8カ月の乳児は無事だったという。同州北東部マウンテンシティの司法当局は8日、フェイスブックの友だちリストから消されていた女性の父親(60)ともう1人の男(38)を第1級殺人容疑で訴追した。

容疑者の弁護士は、フェイスブックの問題だけが原因ではないとの見方を示している。

米国では過去にも、フェイスブック絡みの事件が起きていた。報道によると、アイオワ州では昨年、友だちリストから削除された女が、友人の車庫に放火した疑いで逮捕された。またテキサス州では、母親の命日に関する投稿に「いいね」ボタンを押さなかった妻への暴行容疑で男が訴追されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up