for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界最小の新種カメレオン見つかる、体長29ミリ

2月16日、ドイツの研究機関「ミュンヘン州立動物学コレクション」は、アフリカ南東部のマダガスカル北部にある島で、世界最小のカメレオンを発見したと明らかに。提供写真(2012年 ロイター)

[ベルリン 16日 ロイター] ドイツの研究機関「ミュンヘン州立動物学コレクション」は、アフリカ南東部のマダガスカル北部にある島で、世界最小のカメレオンを発見したと明らかにした。

「ブロケシア・ミクラ」と名付けられた新種のカメレオンは、全長が最大でも29ミリ。今回発見された4つの新種のうちの1つで、爬虫(はちゅう)類の中でも世界で最小とみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up