for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国で「SARS感染」とデマ、男に2年間の労働教育処分

[北京 27日 ロイター] 中国河北省保定市の警察当局は26日、「新型肺炎(SARS)ウイルスの感染者が確認された」と、うその情報を流したとして、ウェブサイトを管理していた男に2年間の労働教育処分を科した。

当局の発表によると、男はウェブサイトの訪問者を増やすため、保定市の病院でSARSの感染者が見つかったとの情報を流布。当局は「この虚偽の情報は大きな影響をもたらし、社会秩序を乱した」としている。

SARSは2003年に中国を中心に感染が広がり、775人が死亡した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up